RoAD to the L4 自動運転レベル4等先進モビリティサービス
研究開発・社会実装プロジェクト

テーマ3の取り組み

キーワード
  • 自動運転トラック
  • 高速道路
  • 路車間通信(V2I)
  • 物流
  • 運送事業

テーマ3. 高速道路における隊列走行を含む高性能トラックの実用化に向けた取り組み

成果目標
  • 2025年以降に高速道路でのレベル4自動運転トラックやそれを活用した隊列走行を実現
  • 車両技術として実現するだけでなく、運行管理システムやインフラなどの外部支援、情報など事業化に必要な環境を整備

取り組み方針

  • これまでの後続車無人隊列走行実証の成果を活用しつつ、レベル4自動運転トラックを開発します。
  • 大型車の特性を踏まえ、道路情報等を活用した運行管理システムを併せて整備します。
  • これらの成果は随時関係省庁に共有し、インフラやデータなどの事業環境の整備を促進します。

取り組み内容

車両開発者や、物流事業者の意見を収集・集約し、事業モデルや運行方法を踏まえた事業性分析を行い、走行環境、運行条件の整理から示される大型車特有の自動運転の要件を特定します。
特定された要件を踏まえ、ODD検証用の車両・システム開発に着手。ODDに応じて、適切な走行試験を選定できるよう、シミュレーション、テストコース、公道実証の体制整備を検討します。

今後、次の取り組みを想定しています。

  • 大型車の特性を踏まえたODDコンセプト等の実証評価、確立
  • 運行管理システムの実証評価、確立
  • 事業モデルの実証評価
  • 民間による車両システム開発
  • マルチブランド協調走行の実証評価

■L4自動運転トラックのODD検証用車両

■自動運転トラックの実現の姿(動画/2023年4月)

詳細はこちら

「RoAD to the L4シンポジウム~自動運転の社会実装に向けた"いま"と"これから"」(内閣府SIP第2期自動運転 最終成果発表会同時開催)2023.3.8 講演資料
「高速道路における隊列走行を含む高性能トラックの実用化に向けた取組」

「RoAD to the L4」シンポジウム 2021.9.8 講演資料
講演資料「高速道路における隊列走行を含む高性能トラックの実用化に向けた取組」

実施機関

豊田通商株式会社
日本工営株式会社
先進モビリティ株式会社
みずほリサーチ&テクノロジーズ株式会社

進捗状況

  • 事業モデル、走行環境・運行条件、車両・システムに関する取組を相互連携して実施しています。
  • 上記項目ごとにワーキンググループを設置して、検討しています。以下の企業も取組に参画しています。
    大型車メーカー4社(いすゞ自動車、日野自動車、三菱ふそうトラック・バス、UDトラックス)
    物流事業者(佐川急便、西濃運輸、日本通運、日本郵便、福山通運、ヤマト運輸)